久伊豆神社の天然記念物指定されて樹齢200年超の藤の花へ

例年見頃となるのは4月中旬~4月下旬です

越谷駅からバスでも北越谷駅から1㎞ほど歩いて行ける久伊豆神社の藤の花は、高さ3m・横20m・長さ30mの藤棚が本堂へ続く参道の横に咲いていますので、訪れてみてはいかがですか?

目次

北越谷駅から歩いて行ける「久伊豆神社の藤」

埼玉県内の藤の花のおススメスポットとして様々なサイトに掲載されていましたので車で訪れてみましたが、ほぼ住宅街の中にある神社でカーナビで設定していたのですが、道も狭く駐車場を見つけるのにかなり迷いました。

それでも何とか久伊豆神社の駐車場に車を止めてすぐに入口があり、鳥居と本殿が見えて出店もありにぎやかで藤の花もすぐに見つけられました。

久伊豆神社
久伊豆神社

訪れた4月28日では時期が遅かったようで、様々なサイトに掲載されていた写真ほど、広くも無く1本の藤が長さ30mほどの藤棚に成長した藤棚1か所でした。

久伊豆神社の藤棚と池
久伊豆神社の藤棚と池

また、藤棚の横には池がありますのでひと回りしながら藤の花を見ながら歩いたら、池にカメが連なっているのが見られますが、いくら待っても動かない模型でした。

藤の花の前には久伊豆神社の藤についての案内板もあり、樹齢200年以上も経過していて千葉県から移植された藤の花という事も記載されていました。

久伊豆神社藤棚滞在時間

藤棚で写真を撮って池をぐるりと歩いて回っただけでしたので、久伊豆神社藤棚滞在時間は10分でした。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
とりっぷぼうる

個人的おススメ度は、無料で見られるのですが電車やバスなど交通費を使ってまで、久伊豆神社の藤棚を観光メインで訪れようとは思いませんでした。
何かの用事のついでに行くぐらいでいいともいます。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】東武スカイツリーライン・北越谷駅

東京駅から山手線や上野東京ラインで上野駅へ行き、地下鉄日比谷線に乗り換えて北越谷駅まで直通列車ならば約50分・650円で行くことができ、1.2㎞を歩けば15分程で久伊豆神社の藤棚へ行くことができます。

また、急行停車駅の越谷駅ならば5分程早く到着できて、約1.6㎞を歩いて20分程でも行くことができます。

【路線バス】茨急バス・久伊豆神社入口

北越谷駅からバスを利用する事もでき、東口より茨急バスの野田市駅行きに乗車して久伊豆神社入口バス停まで約4分・180円です。

※但し、大沢4丁目経由は本数が少ないので、経由しないバスは「東大沢橋」バス停下車して徒歩7分です。

越谷駅からバスを利用する場合は、東口より朝日バスの越谷市立図書館前行きに乗車して久伊豆神社前バス停まで約4分・180円です。

時刻表

越谷駅周辺エリアまでの通年販売のお得なフリーきっぷは無いので、JRの休日おでかけパス利用するならば武蔵野線の南越谷駅から東武線片道料金150円をちょい足しすれば、行くことができるので、JR南越谷駅まで片道1,340円以上ならばお得ですよ。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京駅から首都高向島線・三郷線を通り、三郷IC下車するルートで、東京から約35㎞・1時間程・高速代830円程で、越谷市の久伊豆神社へ行くことができます。

駐車場

久伊豆神社の駐車場が無料で利用できます。

住所埼玉県越谷市越ヶ谷1700
営業時間5:00~18:30
入場料金無料
公式サイト久伊豆神社
駅からバス北越谷駅から徒歩15分
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる